2012年07月04日

6月の活動報告

一ヶ月、投稿が全くなくてすみません!!
もともと不精で、だめですね。

1か月分の活動をまとめて報告します。

6月は
・県の衛生研究所(山形市十日町)を訪問
 5年後10年後の子ども達が健やかに育つ会上山山形の方2名と当会2名の合計4名で訪問しました。
 検査についての口頭での質問の後、検査の様子を見学しました。
 
 衛生研究所は県の学校給食の事前検査などを行っています。
 1週間分の隠膳検査について、理化学研究所にて行っています。
 検査方法は県の指導の下に、100gで1時間計測をしています。

・ヤマガタ共同訪問
 ヤマガタ共同は村山市にあるメーカーで放射能測定器を作っています。
 社長さんはお孫さんを守るために震災後に測定器の開発を始めたそうです。
 今回は2度目の訪問です。
 担当の方も、子ども達の内部被ばくを避けるためにと一生懸命考えている方でした。
 現行販売機種のγ11を見せて頂きました。
 前回行った時には、他の機種も持っていって比べましたが、かなり反応が良かったです。
 http://www.y-kyodo.jp/product/ganma11.html
 現在、核種の分かる測定器を開発中とのことでした。
 

・さくらんぼの検査をしました。
 県の検査では不検出のさくらんぼですが、他県の団体の検査では数ベクレル出ています。
 県では検出限界が7ベクレルほどです。
 実際にはどのくらい出ているのだろうということで、さくらんぼの計測を行いました。

  山形市渋江
  セシウム134  0.67±0.16㏃/s
  セシウム137   1.55±0.20㏃/s
  合計2.22㏃/s
 
  山辺町
  セシウム134  1.07±0.18㏃/s
  セシウム137  0.95±0.20㏃/s
  合計2.02㏃/s

  他団体の検査でも、おおよそ2,3ベクレル出ているようです。
  http://securitytokyo.com/data/yamagata_s.html
  http://www.tohto-coop.or.jp/news/upload_pdf/upload/6%E6%9C%8811%E6%97%A5%EF%BD%9E6%E6%9C%8815%E6%97%A5%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E6%9B%B8%E5%BC%8F%E3%80%80.pdf

 去年は20ベクレルくらい出ていました。

・側溝掃除について問い合わせ(村山市)
 去年は中止になっていた側溝掃除が
 今年は村山市で行われることになりました。

 隣の東根市では中止になっているとの情報を元に市役所に確認をしました。
 その結果、以下のことが確認されました。

 @県の調査において、寒河江市と東根市の側溝の線量が8000ベクレルを越えたため、寒河江と東根のみ側溝掃除が自粛されている。
 A村山市は2000程度で8000を越えていないので実施
 B集めた土砂は仮置き場において(住宅地のそばの市有地)、線量などを測った結果次第で最終処分場を決定する

・7月12日の自主上映会を行います。みなさんいらしてくださいね〜〜〜。
http://kodomomiraiyamagata.seesaa.net/article/274708245.html

・7月22日遊学館での「さよなら原発県民アクション」に参加します
20120722 シンポジウムポスター 表.pdf


posted by こどもみらいやまがた at 16:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。